マイル・マッキントッシュ、生活の知恵情報 2006年04月

マイル・マッキントッシュ、生活の知恵情報

20カ国以上を旅するバックパッカーで海外生活も経験したマックを使う筆者が、生活の上で知恵になると感じた情報をきままに発信。

最近、野菜をしょっちゅう腐らして白カビを発生させており、
こないだ食べた玉ねぎで体に毒が廻っておりました。が、
今度は3年ぐらい前に買って大事に保管されていたダイエット
カプセル”風暴”を大丈夫かなと思いながら呑みましたら、
案の定、頭も体もマヒ状態。
ま。やせれればいいけど。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/15(土) 04:04:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗顔粉

日本には、コクミン・マツキヨなどいっぱいあって、いつも帰国するたびに
なんかを買ってきてしまう。こないだ、買ったのは”ニード洗粉”
田中善ってとこが作っていて、薬局で300円ぐらいだったと思うけど、
すんごいスベスベになるよ。肌に優しそうな袋に入っていて、においも
大和撫子を髣髴させるにおいで女性にはいいと思う。

まぁ、うちがつかったら冬の乾燥の時期にいいだけで、匂いは上品過ぎるかも
しれんけどね。
  1. 2006/04/09(日) 12:33:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

住み易さランキング

日本人にとって住み易いのは欧米をさしおいて
シンガポール・オーストラリアが上位らしい。
(欧米人が好むスイスを抜くなんて!?)

いつか旅行でオーストラリア・スイスに行きたいな。
そういや、GWも別でどっか行くのを決めて
航空券を確保しないといけない時期ですね。。。


【シンガポール】駐在員の住みやすさ、シンガポール1位

 アジア人の駐在員にとり、最も住みやすい海外赴任先はシンガポール――。世界257都市を対象にした生活環境ランキング(2005年)で、こんな結果が明らかになった。2~4位はオーストラリアのシドニー、メルボルン、キャンベラ、5位は神戸だった。ただ、欧州人の駐在員への調査では、シンガポールは 58位にとどまった。

 ランキングは英人材調査会社ECAインターナショナルが、気候、自然災害、医療水準、治安、住居、教育などを基にまとめた。

 シンガポールはインフラや医療機関の水準の高さ、疾病リスクや犯罪率、大気汚染の低さなどほとんどの部門で高得点となった。

 アジアでトップ50入りしたのは11位の横浜、14位の東京を含めてもわずか5都市だけで、オセアニアや欧米圏の評価が上位にきた。

 香港は32位と、前年の20位から転落。隣接する広東省の工業発展に伴い、大気汚染が一段と深刻化したことが影響した。ブタ連鎖球菌や鳥インフルエンザなど疾病リスクが高かった。

 中国本土も大気汚染のひどさが駐在員の不満の種になっている。最高の上海でも89位どまりだった。

 最下位はバグダッド(イラク)で、2番目はカブール(アフガニスタン)だった。

 ■西欧人はバーゼル

 西欧人の駐在員で1位に選ばれたのはバーゼル(スイス)で、シンガポールは58位、香港は66位。

 アジアは旅行先として人気は高いが、距離が遠く、生活するには文化、言語、気候の違いが障害になった。
(NNA) - 4月5日8時0分更新
  1. 2006/04/05(水) 09:32:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0