マイル・マッキントッシュ、生活の知恵情報 麻生当選に興味なし。

マイル・マッキントッシュ、生活の知恵情報

20カ国以上を旅するバックパッカーで海外生活も経験したマックを使う筆者が、生活の上で知恵になると感じた情報をきままに発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麻生当選に興味なし。

衆議院選挙に向けて国民を選挙へ引き向けるきっかけにはなろうかという、総裁選が終わりました。ところでみんな、選挙へ投票に行くでしょうか?
投票すれば暮らしがかわるとは思えないのに投票に行く訳がないと考えられている方が大半ではないでしょうか?その理由を考えました。

・立候補者の主張が有権者に伝わらない。
選挙活動では立候補者の名前を連呼しているだけ。有名人が立候補者を応援しているだけ。
何を公約にして、いつまでに実行するのか。その裏付けはいかなるものであるのかを伝えていない。→"もっと暮らしやすくします!""消費税反対!"
外国のマスコミは日本の選挙を見てあざ笑っています。

・過去に果たした公約を主張する政治家が皆無
わたしはこんな公約を果たしました!とひとつぐらい自慢してくれてもいいのに。
こんなやり方してたらサラリーマンできないぞ。

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/commitment2/

・すぐに連立
主義主張に共感して政党に投票したとしても、すぐに連立します。
連立にあたって考慮されているのは、連立したほうが投票者や支持者の利益意図になるかどうかではなく、そこにいる政治家が当選するか否かになっているように思えます。
そもそも、多数決によって決めるという根本論が徒党を作るということにつながってはいるようですが。

・大物政治家の私腹を肥やすため?
親子政治家、大物政治家の推薦を受けた立候補させられた候補者。。
議員の数が多く、無投票で当選。立候補者がでそうになったら、そのときは潰そうとがんばる。議員給与が県会議員で2000万以上? 実務は秘書で本人は挨拶回りとパーティーやゴルフ三昧?こんな状況を隠そうとマスコミをてなづけて、テレビ信者の国民をある程度騙せても噂などは事実である以上隠せないでしょう。マスコミだって、アホばかりじゃあありません。それに、インターネットがあります。こんなページも。http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200511011359.html

・選挙にクリーンなイメージがない。
立候補者の主張が魅力あるからでなく、電話作戦や組織からお願いされたからと投票する人は周りにいませんか? 上記理由を考えてそうしているのかもしれませんが、選挙に関していえばもっともいけない国民性です。
マスコミも特定の政党や政治家から接待されているからとうのもあるでしょうが、これから魅力があって応援したくなるような草の根政治家をもっとピックアップするのも面白いと思います。

さて最後に。国民が政治に関心をもってもらって困るのは腐敗政治をすすめている方々です。
みんなが動かなければ、何も変わりません。頼りない民主党に一度政権交代させて、官僚と
政治家のあり方を変えるのもひとつのブレークスルーでしょう。
ただ、本当に問題意識を持っている若い方が自分の納得できないところからは支援を受けずに確固たる政治への考え方と公約、それを実行するにあたってのプロセスをつめた上で、
複数の支持者と複数の理解できる議員をもって立候補していくのがいいと思います。もちろん、上述したとおり、抵抗勢力は想像以上に強力です。他国の支持を受けていたらなおさらかも知れません。
真っ向から対抗するのではなく穏便に理知的にかわしましょう。

要は自分の意志で投票をする人が、一人でも増えないと政治は変わらない。

腐敗政治家にお金を渡せば、日本がどんどん売り飛ばされる世の中はまっぴらでしょ?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/09/22(月) 23:03:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<カーナビ情報の共有 | ホーム | 京都の先斗町って、どこにあるんだ? 京グルメ?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bdragon.blog24.fc2.com/tb.php/133-ca0ba8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小沢民主党の課題~どこまで財界と対峙できるか

最近よく考えるのは、過去の自分にその後の日本を教えてやったらどう思うだろうかということだ。 たとえば、ロッキード事件で田中角栄が逮...
  1. 2008/09/25(木) 12:22:29 |
  2. きまぐれな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。