マイル・マッキントッシュ、生活の知恵情報 イタリア2日目 べネチア~ミラノ

マイル・マッキントッシュ、生活の知恵情報

20カ国以上を旅するバックパッカーで海外生活も経験したマックを使う筆者が、生活の上で知恵になると感じた情報をきままに発信。

イタリア2日目 べネチア~ミラノ

●12/6 「世界中で最も美しい都」という表現が誇張ではない町、べネチア観光→ミラノ

朝、目覚めると7時というのに真っ暗闇のなかから徐々に空がオレンジ色に染まって行く。
この街に道路はなく運河を走る船だけで、鳥が羽ばたく音すら聞こえてくる。
その静寂の中、教会の鐘が鳴り響く。かつて十字軍がこの地を拠点にしていたことに想いを馳せる。

ホテルコンチネンタルは運河側の広い部屋を提供頂いたのでとても気持ちよく過ごすことが出来た。
朝は”ヨーロピアン ブレックファースト”。チーズ、ハム、パン、ヨーグルト、フルーツ、はちみつとジャム。
基本的にその後泊まる高級ホテルも含め、サラダはつかないようだ。

荷物を駅に近い宿に置いて、ホテルを出ればガラス屋、土産物屋が続く細い路地、そしてリアルト橋の船着き場だ。ここは黒人の偽物売りや、”ムラノまで無料で行けるよ!”と声をかける物売りがたむろしている。当然、無視。

まずは時間制のバスチケットを購入してリアルト橋まで水上バスに乗車する。日本では1乗車あたりの価格設定だが
こういうように時間設定にしてくれると乗り換えも含めて効率よく移動できるので非常に有り難い。壱日乗車券ぐらい
しか日本の交通機関には設定がないからね。(このアイデア使うときは教えてください!利用しに行きます)

ゴージャスなゴンドラやカヌーのように立ち漕ぎで行き交う船を眺めながら、美しい大理石のサンマルコ寺院を
目指す。基本的にイタリアは教会が至る所にあって人々の生活に溶け込んでいるので、バザーが教会で行われて
いたりする。街の装飾も当然きらびやかだ。信心深い人はきっと、心も穏やかだろう。(国際ジプシーのぞく)
そして、チェーン展開する店もあることはあるのだけど、個人商店が元気!売っているものは概して変わらないが
個性的な商品もあるし、価格設定もそれぞれ微妙に違う。ただ、華僑商店は明らかに中国製のイタリア土産を
均一価格で販売している。私はイタリアまで行って中国製のものを買う気はしなかったので”no made in china"を
購入した。ヨーロッパに販売するのに”中国製じゃないよね?”と問い合わせされたり、いかにも中国製排除の規制が
あるのはこういったところからなのかと納得。


~海鮮スカンピのグリルやイカスミパスタなどお楽しみください~

ユーロスターでミラノへ移動!
Train: Eurostar City 9730 date: 06/12/2009 from Venezia S. Lucia (14:50) to Milano Centrale (17:25)
Class: 2 | Passenger/s: 3 | Mandatory reservation - Couch: 9 Seat: 61 , Seat: 62 , Seat: 63
Reservation Code (PNR) LV9NY9 Master Code 213199233499 Ticket Delivery: Ticketless

地下鉄ですと一回乗り換えで4つ目の「PORTA VENEZIA(ポルタ ウ゛ェネツィア駅)」が最寄駅となり、
そこから徒歩2分の場所になります。また、タクシーでも約15分程の距離。

町中の5つ星 シェラトン・ディアナ・マジェスティック・ホテル,ミラノ
SHERATON DIANA MAJESTIC
Viale Piave, 42, 20129 Milan
t - 0039.02.20582028.

http://www.sheratondianamajestic.com/
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g187849-d194972-Reviews-Sheraton_Diana_Majestic_Hotel-Milan_Lombardy.html
http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/area/index.html?propertyID=53
http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/photos/index.html?propertyID=53&ES=LPS_53_EN_SI_PHOTOS_MIL_ICM_EAME&language=en_US
target(#12720):24,000/3人 アメリカン朝食付き
starwood preferred guest no
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2009/12/19(土) 11:22:34|
  2. 海外旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MACでQRコード作成、年賀状作成とか、フリーソフト集 | ホーム | イタリア 1日目 べネチア 到着まで>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bdragon.blog24.fc2.com/tb.php/178-8f27b8b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)