マイル・マッキントッシュ、生活の知恵情報 中国の政治手法

マイル・マッキントッシュ、生活の知恵情報

20カ国以上を旅するバックパッカーで海外生活も経験したマックを使う筆者が、生活の上で知恵になると感じた情報をきままに発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国の政治手法

海外に住めば日本の政治力のなさを痛感する。
4年前の反日デモの際もそうだったかが、巧妙に作られた世論に対して日本が"平和ぼけ"を世界に露呈している。
そのむかし、僕も日本が率先して武力を放棄すれば、みんな武力をなくしていけるだろうと思っていた。
世の中、そんなピュアで純粋なひとたちだけで出来ている? 貪欲で虎視眈々としているひとたちは発展途上国を
中心にたくさんいる。別に海外だけじゃなくても日本に居るとは思うけど。

さて、中国の今回の国境での展開。
まずはこれまでの経緯を整理する。

●経緯
 資源を見つけ、それを奪い取るために世論を形成して民間人に国境へ行かせ、
最後に軍力を使う。

・ガス田がみつかる。
・中国の領土だと主張しだす。
・中国国内世論を巻き起こさせる。
・漁船を70隻も国境に出させる。
・軍艦で護衛する。
・日本から優位な条件を引き出す。

●反日運動
・中国が日本のGDPを追い越すべき状態。日本への優越感を醸成させる時。
・靖国問題を出して内政干渉。
・反日世論形成
・日本から優位な条件を引き出す。

上記を見てもらえば判るが、”やりたいこと”があれば、世論(マスコミは政府にコントロールされている)を
動かし、世論を理由に外交を自分に有利に行って行く。その際に軍力も辞さない。というのがパターンでこれからも使って行くだろう。

では、ここで日本が外交で情けないのは”やりたいこと”というのが政治家の私利私欲ばかりで、
国としての方針を明確に示せないことだ。中国は”やる”と決めたら徹底的にやる。日本はいいように言えば
柔軟すぎて何も決まらない。意思を以て政治をなすべきだ。 
ひとりひとりの日本人としても、国際化社会においては同様に確固たる意思を持って生活していないと
なめられて終わりだと思うが。”目標がない。生きている意味が分からない”

ふざけるな。日本のためになにかしてみろ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/09/26(日) 14:55:45|
  2. 中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スマートフォンってなに?東芝のスマートフォン au IS02(docomo T-01B) 世界モデルK01 | ホーム | 本格インド in 三河>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bdragon.blog24.fc2.com/tb.php/250-f6ad51e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。